福岡市獣医師会は「いのちを尊重」「すこやかな心の育成」「人と動物のきずな」をモットーに活動しています

 
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成22年度
平成21年度
平成20年度
平成19年度
平成18年度
平成17年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度
平成22年度
平成21年度
平成20年度
平成19年度
平成18年度
平成17年度
 
トップページ > 第11回 学校動物飼育スケッチコンクール

このたび「学校飼育動物スケッチコンクール」に応募され、入賞された皆さん、おめでとうございます。 本年度で11回目を迎えるこのコンクールに、本年も、福岡市内の小学校からたくさんの応募をいただき、大変嬉しく思います。どの作品も身近な動物の姿が生き生きと描かれており、皆さんが、日頃から動物をいとおしく思い、優しい気持ちで接している姿が目に浮かんでくるようです。これからも動物のお世話をしたり、かわいがったりして、動物と仲良くしてください。
 また、会場にお越しの保護者の皆様並びに各学校の先生方、本日は誠におめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。 
  さて、「第11回 学校飼育動物スケッチコンクール」表彰式の開催に当たり、心からお慶び申し上げます。福岡市獣医師会の皆様には、日頃から市内の幼稚園や小学校の飼育動物の健康管理及び診察等に多大なるご協力を賜り、心から御礼を申し上げます。  
  動物の飼育は、児童や幼児の心を和ませるなど、情操教育の一環として、大きな教育的効果をもっております。現在、「心の教育」の大切さが強調されていますが、本市教育委員会といたしましても、動物とのふれあい体験は、他者への思いやりや豊かな心を育む上で、欠くことのできないものと考えております。
 本市におきましては、今後も、未来を生きる子どもたちを「ゆとり」の中で「生きる力」を育むことを重視し、主体的に行動し実践する態度を育成するとともに、他者を尊重する態度や尊敬する気持ち、他人を思いやる気持ちなどを育んでまいります。
 福岡市獣医師会の皆様には、さらなる本市教育へのご理解と御協力をお願いしますとともに、福岡市獣医師会が益々発展されますことを祈念いたします。
 
福岡市市獣医師会では活動の一環として、
福岡市立小学校の飼育動物たちの健康管理に携わるとともに、
動物たちへもっと関心と愛情を持っていただきたいと
『学校飼育動物スケッチコンクール』を毎年開催しています。
 

平成17年11月6日(日曜日)

今宿小学校  5年
永田 悠華
西高宮小学校 1年
伴 更紗
にわとりに楽しく餌をやっている様子が描かれています。とても生き生きとした子どもらしい表現です。
うさぎにほおずりをする女の子の様子から、動物への優しさが感じられます。また、構図の取り方がすばらしい作品です。  
 
筑紫丘小学校 2年
増田 泰洋
鳥飼小学校 5年
若松 芳
子どもと楽しく遊んでいるにわとりが元気よく表現されています。全体の配色もいいですね。 全体が丁寧に描かれています。うさぎの餌を食べる仕草と子どもの優しい表情がとても上手に表現されています。
大楠小学校 3年
江浦 直知
西新小学校 6年
石井 亮
子どもの表情がユニークに描かれています。全体的に配色の整った作品です。 うさぎを白いパスで工夫して丁寧に描いています。また優しくうさぎを抱いている手が印象的です。
 
壱岐小学校 2年
前田 安佳里
 
 
うさぎやにわとりが丁寧に描かれています。日頃から、よく世話をし、観察している様子がうかがえます。  
 
三宅小学校 6年
清原 千夏
西高宮小学校 5年
井ノ上 朋実
飼育小屋を一生懸命掃除している子どもが印象的です。かもが美しく描かれています。 日頃からうさぎをよく観察している様子が、うさぎの動きに表現されています。白の美しさが際だっています。
三宅小学校 3年
森下 智也
当仁小学校 6年
奥 萌香
子どもとにわとりの動きが、構図の工夫からよく表現された作品です。 しっかりと抱きしめている子どもの様子から、日頃の動物への優しさが伝わってきます。色の配色、筆の使い方が非常に工夫されています。
松島小学校 1年
中馬 穂乃香
花畑小学校 5年
岸原 ゆう
子どもと遊んでいるピンクのうさぎがとても楽しそうに表現されています。子どもらしい作品です。 にわとりの表情や羽の様子から、力強さが伝わってきます。羽の色や形の工夫がすばらしいですね。
壱岐小学校 6年
前畑 美波
西新小学校 4年
渡邉 春香
迫力のある画面構成でにわとりが描かれています。その中で、一生懸命世話をする子どもの姿が丁寧に描かれています。 明るい色使いで全体が構成されています。色鉛筆の線を工夫して丁寧に活用した作品です。
別府小学校 4年
重永 乃理子
南当仁小学校 2年
辻野 真起子
首をかしげた女の子の表情から、大切そうにうさぎを抱いている様子が伝わってきます。うさぎの線も一本一本丁寧に描かれています。 飼育小屋でみんなが協力して掃除をしている様子が丁寧に描かれています。とても子どもらしい作品です。
平尾小学校 1年
横山 実紀
野芥小学校 1年
富田 光
うさぎの白とピンクがとてもきれいですね。抱いている子どもの表情が優しく描かれています。 餌を食べているうさぎの耳や足の描き方や色使いから、子どもらしさが感じられます。
奈多小学校 1年
江藤 愼平
筑紫丘小学校 4年
増田 あすか
にわとりが力強く描かれています。特に羽や鶏冠の色や形に工夫が見られます。 子どもの洋服や魚の配色がとてもきれいですね。また、子どもやうさぎの表情、魚の動きに工夫がなされています。
香住丘小学校 5年
古屋敷 徹
箱崎小学校 6年
江口 裕美子
学校の観察池の様子が、ユニークに表現されています。池の中の生きものも丁寧に描かれています。 色の違う二羽のにわとりの対比が面白いですね。また、にわとりの仲のよい様子がうかがえます。
香椎東小学校 6年
伊藤 百華
和白東小学校 6年
森田 悠平
子どもの描き方や犬の表情からお互いが信頼しあっている様子がうかがえます。筆跡から表現の工夫が見られます。 全体的に整った画面構成で描かれています。子どもの着ている服やうさぎの色、背景などに配色の工夫が見られます。
当仁小学校 2年
阿部 夏子
西高宮小学校 6年
中尾 友紀子
学校のせせらぎにいる亀の様子がユニークに表現されています。子どもたちがかわいがっている様子が伝わってきます。 日頃から一生懸命世話をしているにわとりが丁寧に描写されています。色の使い方も工夫されています。
西高宮小学校 5年
山田 つばさ
八田小学校 5年
加藤 利樹
うさぎが筆のタッチを工夫して描かれています。飼育小屋のまわりも丁寧に描写されています。 配色を工夫して、にわとりや飼育小屋のまわりの様子が描かれています。
八田小学校 5年
鷹野 美月
南当仁小学校 5年
水上 優師
にわとりの表情が細かく観察されて描かれています。黒と白のバランスがよい作品です。 うさぎが丁寧に描かれています。全体からうさぎやにわとりののんびりとした様子が感じられます。
筥松小学校 5年
清水 怜有
東箱崎小学校 4年
田中 希
優しくうさぎに餌をやっている様子が描かれています。雑草の緑とうさぎの白の組み合わせがよい作品です。 水槽の中で金魚や小魚が楽しく泳いでいる様子が詳しく描かれています。金魚の赤と黒の色合いがいいですね。

片江小学校 5年
平川 未紗

七隈小学校 2年
柿木 侑人
うさぎを優しく抱いている子どもの様子が丁寧に描かれています。全体の構図もすばらしい作品です。 うさぎと楽しく遊んでいる様子がよく表現された作品です。構図の取り方もよくできています。
警固小学校 1年
西 真由美
下山門小学校 3年
塩手 あやみ
ザリガニの色が赤と朱で鮮やかに表現されています。表情もユニークな作品です。 餌を手に乗せて優しくやっている様子が子どもの仕草からうかがえる作品です。
飯倉中央小学校 3年
中村 美月
金武小学校 3年
浦田 彩夏
ザリガニの赤が画面の中で効果的に生かされています。またよく観察された描写です。 飼育小屋の楽しい雰囲気がにわとりやうさぎ、子どもの様子からうかがえる作品です。
当仁小学校 2年
桝井 香奈
那珂小学校 2年
浦川 純菜
にわとりの餌を食べる表情がユニークに描かれた作品です。にわとりの羽の描写が工夫されています。 一本一本の線が色や強さを考えて表現された作品です。
 今回は、福岡市内の小学校88校から、 562点の応募がありました。 お寄せいただいた多数の作品は いずれも力作ぞろいでした。
博多小学校 2年
近藤 茉莉奈
とても色鮮やかに背景が配色されています。その中で、うさぎが力強く描写されています。
 
□主催/福岡市獣医師会 □共催/福岡市教育委員会
□後援/九州電力・九電工・西部ガス・西日本シティ銀行・西日本新聞社
西日本鉄道 西日本リビング新聞社・福岡銀行・JA福岡市
会員専用ページ入口